小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  英文契約・国際紛争

英文契約・国際契約|皆様にとって不利な条項がない万全な英文契約書作成はお任せ下さい。

日本の企業には、海外から送られてきた契約書を熟慮することなく、気軽にサインをしてしまうケースが多く見られます。
しかし、その内容には、日本側に不利な条項が書かれていることも多く、意外なトラブルに見舞われる原因にもなります。
英文契約には、日本の契約では見慣れない説明条項(whereas clause)、救済条項(right and remedies clause)、または分離条項(severability clause)などの一般条項などがあり、準拠法条項(applicable law clause)や仲裁条項(arbitral clause)など、日本語の契約書ではあまり重視されない規定が重要な意義を有している場合も多いのです。
これらの条項を正しく理解しないと、英文契約書を安心して作成することはできません。たとえ英語力のある担当者であっても、その作成は困難です。
特に日本企業の英文契約担当者の頭を悩ませているのが、相手企業が存在する国の法律による規制。
特に準拠法を日本法とするだけではクリアできない、
外国の強行法規(独占禁止法)の規制については、盲点となっている場合が多く見受けられます。
当事務所では、お客様が英文契約で失敗しないように、お客様の英文契約作成・検討を全面的に支援します。
次のような方は、当事務所にご相談ください。
初めて海外企業と取引をする。取引先から英文契約書の作成を求められている。
契約書を作成したが、問題がないか弁護士に見てもらいたい。相手方から提示された英文契約に署名するかどうか悩んでいる。
英文契約をすでに締結しているが、その内容に疑問がある…。
当事務所は、英文契約書を多く手がけている法律家揃い。お任せいただければ、万全な契約書を作るお手伝いします。

 

英文契約の新着情報

一覧を見る

 


国際紛争|紛争相手国や相手企業、事案に合った経験豊富な弁護士が法律に則り英語でも交渉します。

海外で製品を販売したのに支払いがない、海外に納品したのに販売してくれない、
ノウハウを開示して独占契約で製造委託をしたのに第三者へも製品を流している。
国際取引・貿易で契約締結後、トラブルが起こった時、
交渉にいどむ皆様が注意すべきポイントは、
「相手の国がどこか」「どんな企業か」
「取引の内容は何か」などによって異なります。
当事務所は豊富な経験を踏まえ、事案に合った最善のアドバイスを行うことが可能です。
また、慣れない英語での交渉に不安を感じているのであれば、当事務所の弁護士が、皆様の代理として相手方と交渉します。
取引上生じた紛争の解決に向けた交渉には、英語力に加えて、法律上の知識が必要とされることも多く、
弁護士が皆様の代理人として交渉する方が適切な場合が多いのです。
取引の内容に照らして、海外の弁護士の応援が必要な場合には、連携して取り組みます。

 

国際紛争の新着情報

一覧を見る

 

初回30分5000円(消費税別)お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはコチラ