小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  新着情報

新着情報

 

新着情報

2017/01/10グローバル化する事業活動と日本の国際紛争解決法制の整備 ―急がれる「日本国際仲裁センター」の設立―③

お知らせ

3.日本の国際経済紛争解決手段

 

日本は経済大国と言われている。GDP(国内総生産)はかつてアメリカについで世界で第2位であったが、現在(2014年)でも中国には抜かれたものの第3位である。また貿易額(輸出と輸入の合計)でみても日本は世界で第4位(2015年)である。

 

しかしながら国際紛争の解決手段に関しては日本は著しく遅れている。訴訟に関しては日本の裁判所では当事者の如何を問わず(当事者双方が外国人又は外国企業であっても)使用言語は日本語のみであるので(日本語を公用語とするのは世界中で日本のみである)、国際訴訟に関する資料を証拠として出そうとすれば膨大な資料を日本語に翻訳せねばならず、費用と時間がかかるために当事者から敬遠されがちである。

 

国際仲裁は前記のとおり国際経済紛争に関しては訴訟より長所が多く、特に中立的であり、手続きも当事者の合意で柔軟に対応できるので諸外国では多用されているが、日本で実施されている仲裁件数はごく僅かである(2005年~2014年の10年間をみても年間11件~27件にすぎない)。

 

このような現状からは日本が関係する大部分の国際経済紛争は日本以外の国、機関で解決されているということができる。換言すれば、日本の紛争解決手段は国際紛争に関しては、その国力に相応しい働きがなされていないのが現状である。

 

 

グローバル化する事業活動と日本の国際紛争解決法制の整備
―急がれる「日本国際仲裁センター」の設立―➃に続く

 

 

一覧に戻る