小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

電話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で弁護士にお繋ぎ致します。
また、弁護士が来客中等の場合は後程ご回答させていただくことがございます。ご了承くださいませ。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

外国人トラブル・入管法 Q26,「人文知識・国際業務」の在留資格をもって,日本の会社働いていますが,会社を退職したらどうなりますか。
外国人トラブル・入管法 Q25,人文知識・国際業務」の在留資格をもって,通訳の仕事をしていますが,夜間に大学に通っても問題ありませんか。
外国人トラブル・入管法 Q24,外国会社から一時的に当社(日本の会社)に出向してきている外国人労働者はすべて外国の会社より給料が支払われ,当社は一切給与を支払わないのですが問題ありませんか。
外国人トラブル・入管法 Q23,外国会社から一時的に当社(日本の会社)に出向してきている外国人労働者も労災保険の対象となりますか。
外国人トラブル・入管法 Q22,外国人雇用とカテゴリー制について説明してください。
外国人トラブル・入管法 Q21,外国にある会社から1年間の転勤命令がでて,現在「企業内転勤」で日本に在留していますが,更新はできますか。
外国人トラブル・入管法 Q20,外国の関連会社から外国人を日本の会社へ出向させたいのですが,可能でしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q19,外国人雇用状況届出書とはなんですか。
外国人トラブル・入管法 Q18,「人文知識・国際業務」の在留資格をもって英会話学校で働いていましたが,会社を退職し,個人的に英会話教室のための会社を開業したいと思っています。ビザはこのままでいいですか。
外国人トラブル・入管法 Q17,外国人登録原票記載事項証明書は、現在は発行されないのでしょうか。
外国人トラブル・入管法 Q16,在留期間変更許可申請後の在留期限後2カ月までの特例期間中にみなし再入国による出国はできますか。
外国人トラブル・入管法 Q15,在留資格更新や在留資格変更時における特例期間とはなんですか。
外国人トラブル・入管法 Q14,在留カードの更新をしようとしていたところ,長期入院のため更新が席なくなってしまいましたどうすればよいですか。
外国人トラブル・入管法 Q13,取り消し事由にあたれば,直ちに在留資格を取り消されることになるのですか。
外国人トラブル・入管法 Q12,取り消し事由にはあたるが,正当な理由により取り消されないこととなる場合とはどのようなものが考えられますか。
外国人トラブル・入管法 Q11,新たに加わった在留取消事由にはどのようなものがありますか。
外国人トラブル・入管法 Q10,就労先変更届出をした場合には,新就労先の活動内容に資格該当性があるかどうか審査されますか。
外国人トラブル・入管法 Q9, 配偶者ですが身分が在留資格「定住者」として在留しています。配偶者と離婚すれば,入国管理局に届けでなければいけませんか。
外国人トラブル・入管法 Q8,海外で長期滞在するため日本の住所を引き払いました。住居地の変更に伴う届出についてはどうすればいいですか。
外国人トラブル・入管法 Q7,再入国する予定で出国しましたが,日本に戻らないことになりました。持っている在留カードは返却しなくてもよいですか。