小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

電話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で弁護士にお繋ぎ致します。
また、弁護士が来客中等の場合は後程ご回答させていただくことがございます。ご了承くださいませ。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

離婚 Q38,離婚をすると妻や子供の氏や戸籍はどうなるのでしょうか。
交通事故・その他依頼 Q37,私がおこした交通事故の被害者が亡くなりました。入院中にお見舞と告別式で香典をお渡ししたのですが,これは賠償金として認められますか。
相続・国際相続 Q37、日本に長年在住しているアメリカ人が日本に自宅の家と土地のほか預貯金を残して死亡した場合、遺産分割を含む相続事件について日本の家庭裁判所に調停の申立ができるでしょうか。
離婚 Q37,年金分割の手続きをすればすぐに年金がもらえるのですか。
交通事故・その他依頼 Q36,交通事故の事故状況で私の過失についてですが,自賠責保険を被害者請求したときは過失による減額はなかったのに,どうして自動車保険(任意保険)では過失よる減額をされるのですか。
相続・国際相続 Q36、相続税は、相続財産が一定の範囲内の場合は課税されないと聞きましたがその範囲はどの程度なのでしょうか。
離婚 Q36. 年金分割を受けるにはどのような手続きが必要ですか。
相続・国際相続 Q35,ある女流作家(独身)のお手伝いさんが30年間同居のうえ家事をし、作家の晩年は療養看護に努めていて、作家も遺言で遺産を遺贈しようとして準備していましたが、作成前に急死してしまいました。作家には法定相続人はいないため、遺産は国庫に帰属することになっています。このような場合に、このお手伝いさんのために法律上何かしてあげられないでしょうか。
離婚 Q35,年金分割の割合に合意できない場合はどうするのですか。
交通事故・その他依頼 Q35,死亡の慰謝料とはなんですか。
相続・国際相続 Q34,相続人がいない場合には、相続財産は誰に帰属するのでしょうか。
離婚 Q34,40年間連れ添った熟年夫婦が離婚した場合には、妻が元夫の年金の半分をもらえると聞きましたが、本当ですか。
交通事故・その他依頼 Q33,交通事故で父が亡くなりました。死亡による逸失利益とはなんですか。
相続・国際相続 Q33,遺留分減殺請求権を行使すると、遺贈された家が戻ってくるのですか。
離婚 Q33,離婚の際の慰謝料の相場はいくら位ですか。
交通事故・その他依頼 Q32,今までできていた仕事ができなくなったので,職場が移動になり給料が下がりました。このような場合でも損害賠償を請求することはできますか。
相続・国際相続 Q32,遺留分を侵害する遺言は直ちに無効になるのですか。
離婚 Q32,離婚に際し、慰謝料を請求できるのですか。
交通事故・その他依頼 Q31,行為障害慰謝料は障害慰謝料と別に請求できるのですか。
相続・国際相続 Q31,遺言者は晩年にできた愛人に「全財産」を遺贈するようなこともできるのでしょうか。又は、法定相続人がこのような遺言を無効にする方法はあるのでしょうか。