小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

離婚 Q26,夫は、私と婚姻している間に、両親を亡くし、遺産を相続しました。相続によって夫が取得した預金や不動産を財産分与として請求できるのですか。
交通事故・その他依頼 Q25,私はお店を経営しています。税務署に確定申告はしていますが,節税のために所得額を低く申告しています。本当はもっと収入はあるのですが,認められないでしょうか。
相続・国際相続 Q25,遺言は誰でも作成できるのでしょうか。
離婚 Q25,生命保険は財産分与の対象となりますか。
交通事故・その他依頼 Q24,私の夫は会社を経営していますが,私の看病のために会社を休みました。その時の休業補償を請求することはできますか。
相続・国際相続 Q24,人は生きている間に、遺言書を作成しておくことができるそうですが、遺言書にはどのような種類があり、またその方式・効力はどのように異なるのでしょうか。
離婚 Q24,夫は大企業に勤めており、多額の退職金をもらうことは確実ですが、退職金まだもらっていない以上は財産分与の対象とはならないのでしょうか。
交通事故・その他依頼 Q23,私は会社を経営していますが,小さい会社なので私が仕事を休んだときに,代替人を雇いました。この代替人への給与支払も損害として認められるのでしょうか。
相続・国際相続 Q23,墓地や仏具は相続人が承継しなければならないのでしょうか。
離婚 Q23,財産分与の対象となる財産とはどのようなものですか。
交通事故・その他依頼 Q22,私は会社を経営していますが,小さい会社なので私が仕事を休んだために営業が十分におこなえず,売上が減少しました。このような場合,売上の減少分についても損害として請求することは可能ですか。
相続・国際相続 Q22,香典は相続財産となるのでしょうか。また、葬儀費用は相続財産から支払われるのでしょうか。
離婚 Q22,私達夫婦の場合、住宅、車、預金、保険等の財産は夫名義のものがほとんどですが、離婚によってこれらは誰のものになるのでしょうか。
交通事故・その他依頼 Q21,私は主婦業のかたわら,パートタイムで仕事をしています。交通事故にあい入通院中,家事ができませんでしたし,仕事も休みました。休業補償はありますか。
相続・国際相続 Q21,死亡退職金や遺族給付は相続財産に含まれますか。
離婚 Q21,面会交流がきちんと履行されません。どうすればよいですか。
交通事故・その他依頼 Q20,私は主婦ですが,交通事故にあい,入院中家事ができませんでした。主婦にも休業補償はありますか。
相続・国際相続 Q20,生命保険金は相続の対象となりますか。
離婚 Q20,通常は月に何回程度面会交流が認められるのですか。
交通事故・その他依頼 Q19,交通事故にあい,整形外科で通院治療をしています。鍼灸院やマッサージによる治療をうけたら楽になっている気がしますが,受けてもいいですか。