小原法律特許事務所

小原法律特許事務所についてご紹介します。弁護士のことなら大阪の小原法律特許事務所へ。交通事故の示談をはじめ、在留資格や離婚相談などといったトラブルの相談、ご依頼ならお任せ下さい。

お問い合わせ

話相談の場合は事案の概要をお聞きした上で、弁護士にお繋ぎいたします。
ご相談の内容によっては、対応できない事案もございますので予めご了承ください。

小原法律特許事務所について

弁護士紹介

弁護士費用

よくあるご質問

新着情報

採用情報

法人のお客様
  • 国際紛争・英文契約
  • 企業法務
  • 知的財産
  • 企業倒産・民事再生
個人のお客様
  • 離婚・国際離婚
  • 外国人トラブル
  • 相続・国際相続
  • 交通事故・その他依頼
セミナーのご案内

外部リンク

  • 離婚解決NAVI
  • 国際紛争解決
  • 在留資格・入管サポート
  • OLO英文契約
  • マイベストプロ大阪
  • R MEMBER
HOME»  よくあるご質問

よくあるご質問

 

よくあるご質問一覧

国際離婚 Q21.私は、ハーグ条約が発効する前にアメリカから夫の承諾なく子を連れて日本に戻ってきました。この場合も返還命令の対象となるのでしょうか。
国際離婚 Q20.私と夫は共に日本人ですが婚姻生活はアメリカでした。私が日本に子供を連れ帰ってもハーグ条約の問題になるのでしょうか。
国際離婚 Q19.ハーグ条約により子を常居所地国への返還を求める場合、子はどの時点で16歳未満でなければなりませんか。
国際離婚 Q18.ハーグ条約が適用される場合を教えて下さい。
国際離婚 Q17.子の返還が認められるのはなぜですか。
国際離婚 Q16.ハーグ条約は具体的には何を定めているのですか。
国際離婚 Q15.日本がハーグ条約に加盟することを受けて、日本で新たに法律が整備されたということですが、どのような法律ですか。
国際離婚 Q14.日本がこの条約に加盟すると聞きましたが、すでに条約は発効しているのですか。
国際離婚 Q13.条約に加盟している国はどのくらいあるのですか。
国際離婚 Q12. ハーグ条約とは何を取り決めた条約ですか。
外国人トラブル・入管法 Q80,私は、日本に住所を有しない外国人ですが、日本に銀行口座を開設することはできますか。
外国人トラブル・入管法 Q79,難民認定がされるとどのような処遇がなされますか。
外国人トラブル・入管法 Q78. 難民認定はどのようにして受けることができますか。
外国人トラブル・入管法 Q77. 難民とはどのような人が該当しますか。
外国人トラブル・入管法 Q76,ペットと一緒に入国することはできますか。
外国人トラブル・入管法 Q75,インターンシップで日本に在留するにはどのような在留資格が該当しますか。
外国人トラブル・入管法 Q74,現在短期滞在で在留していますが,もう少し日本に在留したいです。在留期間を更新することはできますか。
外国人トラブル・入管法 Q73,私は,日本で行われるスポーツの競技会に参加しようと考えています。その際,主催者の方が渡航費用の一部を負担してくれるのですが,在留資格は短期滞在でよいですか。
外国人トラブル・入管法 Q72,日本で働くことのできない在留資格を保有する外国人を雇用すると雇用主はどうなりますか。
外国人トラブル・入管法 Q71,仮放免が認められるには,どのような点が考慮されますか。